【東京・神保町】さぼうる2

美食

東京国立近代美術館から、ちょっと歩けばもう神保町

東京国立近代美術館。竹橋駅から徒歩3分、九段下駅と神保町駅からはそれぞれ徒歩15分。

展覧会を観た後は、どこかに座ってエネルギーを補給するのが定番となっている我々夫婦。

朝一番で東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」、「MOMATコレクション展」(←すごい量)を観たので腹ペコ。

帰りは半蔵門線なので、神保町方面へ歩くことにした。
東京国立近代美術館から九段下駅と神保町駅は、ほぼ同距離。歩いて15分程である。
九段下と神保町だと、神保町のほうがなんとなくわくわくする。

古き良き純喫茶、さぼうる

筆者らくがき:《「さぼうる2」外観》

お目当ての純喫茶「さぼうる2」に着いた時、時間はちょうどお昼。
古き良き外観の写真を撮りたかったが、店に入る前も後も人が並んでいたので断念。
筆者のiPadでの落書きで雰囲気を感じて頂けたら幸いである。


ところで「さぼうる2」はなぜ「2」かというと、左隣に「さぼうる1」があるからだ。
「さぼうる2」は「さぼうる1」に隣接する姉妹店だ。

お隣の「さぼうる1」は喫茶を楽しむお店。
いろんな種類の飲み物と、サンドイッチなどの軽食が提供される。
飲み物を飲みながらゆっくり時間を過ごしたい場合は「さぼうる1」をオススメする。

今回の我々のように、とにかく腹ペコ!という時は「さぼうる2」だ。
「さぼうる1」は喫茶、「さぼうる2」は食事を楽しむお店として、棲み分けがなされているのでお間違い無きよう。
1かな?2かな?と迷っている間に2の前の行列は伸びていく。

名物・デカ盛りナポリタン!

「さぼうる2」の看板メニューはデカ盛りのスパゲッティだ。
特にナポリタン
他にもミートソースなどザ・喫茶店のスパゲティが数種類。どれもすごい量で有名だ。

ビーフカレー、エビピラフ、ハンバーグ、ポーク生姜焼きなど、古風なメニューが満載で心躍る。
店の前で並んでいる数分間のあいだに、セットのドリンクも合わせて考えておこう。

席に着くなり店員さんが注文を聞いてくれる。
二人ともナポリタン、食後にアイスコーヒーにした。

きました!名物ポリタン!

噂通りの山盛り!!!
(注文時に、量を少なめにしてと言おうか迷ったのだが、あまりに空腹だったので言わなかった。)

粉チーズとタバスコも各テーブルに配置され、テンションは最高潮。

でかい。うまい。でかい。

体が震えるほどのケチャップ量。
ご家庭で作るならば思いとどまるレベルである。
疲れた脳に染み渡る!!!

途中、「食べても食べても無くならない魔法のナポリタンなのでははいか?」という疑念に駆られたが、「ヤバいね」「ヤバいね」と言い合ううちに無事完食。
ごちそうさまでした。

食後にアイスコーヒー

アイスコーヒー。飲み物を先に出すか後に出すか店員さんが聞いてくれる。甘みも事前に選べる。

夫が先に食べ終わり、私もあと一口、というベストなタイミングでアイスコーヒーが運ばれてきた。
このグラスの形、紙の袋に入ったストロー、黄ばんだレースのカーテンと壁の色。
灰皿が消えても、やっぱり古き良き喫茶店が好きだ。

窓から大行列が見えたので、そそくさと店を出る。
「さぼうる1」でメロンソーダでも飲みながらもう少しゆっくりしようかと思ったが、あまりにもお腹がいっぱいなので、腹ごなしに古本屋を見に行った。

さぼうる2
東京都千代田区神田神保町1-11
TEL.03-3291-8405
営業時間
 11:00~22:00、日曜定休(筆者調べ・2020年6月時点)
※営業時間、定休日等は変更になる場合あり。詳しくはお店にお問合せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました